<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

株式会社ダイナックホールディングス|Google Cloud Platform™ 導入事例

全社的な食材チェックで食の安全・安心を徹底追求!
Google™ のクラウドサービスを活用して、
大幅な作業効率化を低コストで実現!!

株式会社ダイナックホールディングス

ダイニングバーやパブ・レストランなど 50 以上の飲食店ブランドに加え、ゴルフ&リゾートレストランや道の駅など食のトータルサービスを展開する株式会社ダイナックホールディングス。1958 年創業以来、“ おもてなしの心 ” でサービスを提供しています。2020年 1 月から iPad を活用したクラウドレジへの切り替えを順次行うなど、IT 投資にも積極的です。

同社では、2019 年 5 月より Google Cloud Platform™ (以下、GCPTM ) の Google Cloud Storage™ 、 Cloud SQL 、そ し て、G Suite™ (ス プ レ ッ ド シ ー ト)と Google Apps Scrip* を利用して、それまで手作業で行っていた食材仕入れの厳密なチェックの、半自動化システムを構築しました。

* Google Apps Script とは:Google が提供しているサーバーサイドスクリプト言語。G Suite の各アプリケーションをはじめ、API で Google 以外のサービスとも連携・処理をすることができる。 

株式会社ダイナックホールディングス


株式会社ダイナックホールディングス 
情報システム部長
藤岡英彦氏
株式会社電算システム
クラウドインテグレーション事業部
徐 海国

 

食品の安全・安心のための取り組み

株式会社ダイナックホールディングスダイナックホールディングスでは、食品安全に関する理念として「すべては、ご来店されるお客様のために」を掲げ、提供するすべての食品の安全・安心の確保に取り組んでいます。その施策の一貫として、メニューの誤表記をなくすための確認作業を厳重に行っています。

「メニューはお客様と当社との大切なお約束。産地や素材がメニュー表記と異なる料理は決して提供してはなりません。そこで、日々の調理現場だけでなく、食材の仕入れデータと売上データを突き合わせて、正しく食材が利用されているかを厳密にチェックし、徹底管理しています」と話すのは、情報システム部 部長の藤岡英彦氏。

しかし、以前はこのチェック作業が非常に煩雑で、時間がかかっていました。その理由が仕入れシステムから仕入れデータを、POS システムから売上データをそれぞれ CSV でエクスポートして、Excelで集計していたからです。

株式会社ダイナックホールディングス 「営業本部では、店舗や地域などをユニットに分けてデータを管理しています。情報システム部の担当者は約 60のユニットごとに、必要なデータを抽出した Excelデータを作成し、配布していました。この作業に、毎月 8時間ほど費やしていました。

さらに、そのデータを受け取ったユニット担当の課長・部長は、売上を 1店舗ずつ確認。情報システム部門が集計された Excelデータを 1つのファイルにまとめて、一覧表にします。この一覧表の作成に約 2 週間かかり、その後に上長である事業本部長がチェックするという運用でした。」(藤岡氏)

続きはコチラから

Corporate Information

株式会社ダイナックホールディングス

社名 株式会社ダイナックホールディングス
所在地 東京都新宿区新宿区新宿1-8-1
従業員数 978人(2019年12月31日現在)
設立 1958年3月
URL http://www.dynac.co.jp/


Google Cloud Platform の詳細はこちら


   ↓ ↓↓ 続きはコチラからダウンロードしてご覧下さい ↓↓↓   

株式会社ダイナックホールディングス導入事例