貝印株式会社様|G Suite™ 導入事例

2012年12月11日

G Suite はメールだけじゃない。「業務効率アップ」「ペーパーレス」「商品PRの進化」を実現!

貝印株式会社様Google Apps for Work導入事例

 

メール容量が1ACあたり50MBと非常に少なかったため、メール整理を怠るとフォルダがパンク。追い討ちをかけるようにフィルターをくぐり抜ける膨大なスパムメールに誰もが頭を抱え、ほとほとうんざりしていた。 メール容量の不足だけでなく、メールサーバの老朽化という大きな問題も抱えており、頻繁にトラブルが発生していた。ライフラインとも言えるメールが丸1日使えない事態が、情報システム部にクレームを集中させ、リカバリーとクレーム対応に追われ、ついには業務に支障をきたす程になっていた。

貝印株式会社様Google Apps for Work導入前・導入後

 

G Suite 導入の決め手

スマートデバイスが活用できるシステムが必要だった

2010年 検討当時、スマートデバイスの普及率がまだ日本では低かったのですが、ビジネスで役立てるだろうと想定し、スマートデバイスを意識したグループウェアの選定を始めていました。クラウドの先駆けとも言える G Suite と、メールとグループウェアをセットとして当然のように考えていたため、その他にグループウェアをメインとした4社ほどの製品が候補として挙がっていました。

その頃の G Suite はグループウェアとして機能面で不足を感じたのですが、99.9%の安定した稼働率、大企業のIT部門が求めるセキュリティ機能、信頼性機能、管理機能も徐々に追加されていることを知り、その魅力と将来性から gmail 導入を決定しました。結果的にメールとグループウェアの管理を分ける形にはなりましたが、今となっては候補として挙がった4社の記憶さえ薄れてしまうほど満足しています。 (加納様)

 

Googleソリューションの導入事例をダウンロード 

ご担当者様プロフィール

貝印株式会社様Google Apps for Work導入事例写真1
1989年 物流担当として入社後、物流システム刷新プロジェクトに参画。
2002年情報システム部へ異動。
グループウェア、ERP導入プロジェクト などに参画し、
2012年より仕入れ部門に異動。

貝印株式会社様Google Apps for Work導入事例写真2
1974年、生産部門に入社。
システム部門~経理を経て、2001年、販売部門の経理へ出向ののち、
ERP導入プロジェクト専任、2009年ERP稼働に合わせ現職に就く。

貝印株式会社様Google Apps for Work導入事例写真3
1991年より現職に就き、ブログラマーを経て
グループウェアの社内システム構築に従事。
現在、SalesForce、 G Suite の管理者として、
主にユーザー管理、教育及び機能の活用推進を担当。

 

担当営業から一言

電算システム担当営業写真
ご導入は私のご提案と言うよりもむしろ当時のお客様の必要を満たすに足るシステムこそが G Suite であり、私は微力ながらそのお手伝いができたのだと考えております。 その結果お客様の様々な問題は解消され、ご満足の行くシステムとなったのですが G Suite にはまだまだご活用頂けていない様々な機能があり、今後はさらなるご活用方法をご提示し、「進化していく G Suite 」で驚きと感動を体験して頂くことに努めさせて頂ければと思っております。

 

Corporate Information

貝印株式会社様オフィス写真

800年の歴史を持つ日本最大の刃物の都、岐阜県・関市で、小さなポケットナイフ製造所としてスタートしました。 「より多くの人に、より良い商品を」という企業理念は、創業者から受け継がれ、この理念に基づいた共通の価値観を、100年近い歴史をかけて、貝印ブランドの中にひとつひとつ築き上げてきました。

現在のKAIグループは、キッチン用品、製菓用品、ビューティケア用品といった生活用品に加えて、医療用品や業務用刃物など1万点にも及ぶアイテムを世界各地で展開しています。

社名 貝印株式会社 (KAIグループ)
所在地 〒101-8586 東京都千代田区岩本町3-9-5
事業内容 刃物、キッチンウェア、ビューティーケア用品、製菓用品等の販売
従業員数 260名 / 連結 2,615名
代表者 代表取締役社長 遠藤 宏治
設立 昭和29年11月15日
URL http://www.kai-group.com
※ 記載内容は2012年3月現在

 Googleソリューションの導入事例をダウンロード