<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Lotus Notesからの移行で50%のコストダウンを実現!現在は、ロケーションフリー、デバイスフリーで、社外から自由にアクセスできるメリットを全社で享受しています。

松竹株式会社様Google Apps for Work導入事例 松竹株式会社では社内にはサーバを置かず、すべてハウジングである。また、IT関連の社内ヘルプデスクもすべてアウトソーサーだ。 G Suite 導入以前は、IDC内にNotesサーバーを設置し、メール・掲示板・人事評価ワークフローを利用していたが、いくつかの問題を抱えていた。まず、メールBOXの容量が小さく、1ACあたりわずか250MBであったため、すぐに容量がいっぱいになってしまう。当然、PC内にメールデータをどんどん溜めていくことになるため、PCリプレイス時の作業負荷はかなりのものとなり、ピーク時には増員の必要があった。また、平常時からIDファイルの管理、サーバ保守等々の管理負荷も高かった。

そしてもう一つ、大きな課題を抱えていた。歌舞伎の地方巡業や海外の映画祭のため、長期出張に赴く社員は多い。しかし、社外からメールへのアクセスがしづらい、もしくは、アクセスできないという状況があったのだ。社内でリモートアクセスへのニーズが高まっていた頃、ちょうどNotesサーバーの更新時期が近づいてくる。Notesを更新しない場合、メールや掲示板に置いてあるデータの移行と人事部で利用されていたワークフローの構築がマストとなる。システム部は決断を迫られることとなった。

 

松竹株式会社様Google Apps for Work導入前・導入後

 

G Suite 導入の決め手

社外からのアクセス用として別ドメインで利用

もともと、Notes (Ver.6.5.X)のメール・掲示板・ワークフローを利用していた私たちは、2008年頃からリモートアクセスツールとして別ドメインで G Suite を60ACほど、直接 Google から購入して利用していました。 

本ドメインで G Suite 導入に至った直接の契機はNotesの保守期限の満了が迫るなか、社外で働く社員からメールへのリモートアクセスに対する要望がの声が非常高くなってきたためです。その要望を満たすための
G Suite 導入でしたが、システムを変更するにあたって大きな課題となったのは、既存の掲示板と情報資産である過去のメールデータの移行。当初は電算システムさんとは別のベンダーから提案を受けていたのですが、たまたま電算システムさんの存在を知り、提案していただきました。提案の内容を比較した結果、より当社のニーズにマッチする内容でしたので、電算システムさんと締結するに至りました。(山下様)

G Suiteで実現するこれからの時代のコミュニーケション

 

ご担当者様プロフィール

松竹株式会社様 担当者写真1外資系日雑メーカーにて生産管理、サプライチェーン、経理関連のシステム等の基幹システム開発導入プロジェクトなどを担当後、日本及び韓国の情報システム部門の責任者としてIT関連のマネジメントに携わる。2007年に松竹株式会社に入社後、システム室長として全社のIT戦略、統制、投資を統括管理する。
松竹株式会社様 担当者写真1大手金融機関等を経て松竹株式会社に入社。
現在、同社のインフラ担当として多忙な日々を送る。

 

担当営業から一言

電算システム担当営業ご提案の機会を頂いた時、松竹様は既に1年以上 G Suite 単体でのテスト期間を経ていた状態で、 G Suite の機能的な部分よりも実際に社内にどうフィットさせるかの要件策定の段階でした。
その部分こそ、弊社の最も得意と する所でしたので数々の導入ノウハウから、最適なオプションやプロジェクトマネジメント、データ移行手法をご提示できたことが、弊社ご採択のポイントになったと思います。

 

Corporate Information

松竹株式会社 歌舞伎座松竹グループは、『日本文化の伝承を継承、発展させ、世界文化に貢献する。時代のニーズをとらえ、あらゆる世代に豊かで多様なコンテンツをお届けする。』をミッションとして掲げ、良質な映画・演劇の提供を通じて、夢と感動を発信し続けている総合エンターテインメント企業です。

明治28年(1895年の創業・大正9年(1920年)に設立し、歌舞伎をはじめとする日本固有の伝統芸能に深く係わってきた歴史のなかで様々な変遷を経て、現在は映像事業、演劇事業、不動産・その他事業の3つを柱とした事業を展開。日本はもちろん世界に向けて、日本文化・伝統の継承と発展に寄与するとともに、時代のニーズを的確にとらえた多様なコンテンツを提供しています。

社名 松竹株式会社
所在地 〒104-8422 東京都中央区築地4丁目1番1号 東劇ビル
事業内容 映像事業、演劇事業、不動産事業、その他事業
創業・設立 創業:1895年(明治28年)、 設立:1920年(大正9年)
従業員数 535名(平成24年2月29日現在)※単体
URL http://www.shochiku.co.jp

※ 記載内容は2012年2月29日現在

G Suiteで実現するこれからの時代のコミュニーケション