2016年6月22日(水)【ラクまる勉強会】新入社員さん集合! Google Appsの操作説明をご支援いたします!

2016年04月11日

受付は終了しました
rakumaru_20160622.gif


セミナー詳細

開催日 2016年6月22日(水)
開催時間 14:30~17:30(受付開始:14:15)
参加費 無料
お申込み こちらから
定 員 30名
  • お申込みは1社2名様迄とさせていただきます
※今回は研修形式となるため、恐れ入りますがオンサイト参加のみの募集となります。
 ハングアウトでのご参加は受け付けておりませんので、何卒ご了承くださいませ。
※管理者の方や新人研修担当の方で内容を聴講されたい方のみハングアウトで様子をご覧いただけます。
 同一のお申し込みフォームよりお申し込みくださいませ。
 
お持ち物 特にありません。
※当日は動作環境はご用意しておりませんが、参加者様ご自身で環境(Apps・Gmail、PC、通信デバイス)をお持ち込み頂き、より理解を深めて頂くことをお勧め致します。
会 場 株式会社電算システム 東京本社会議室 
東京都中央区八丁堀2-20-8 八丁堀綜通ビル7階
アクセス
対 象 以下にひとつでも該当する企業の新入社員さん、若手社員さん(〜入社3年目)、中途採用の方
  • Google Apps の基本機能を説明できていないと気付いた企業様
  • Google Apps 活用推進のため、キーパーソンを育てたいと思っている企業様
  • 新入社員の教育制度・OJTが多忙で、おざなり気味と感じていた企業様
  • Google Apps の使い方をもっと知りたいと要望がある企業様
  • Gmail の使用が多く、まだまだ様々な機能を使いこなせていないと思っている企業様
  • ドライブの基本の使用方法を説明したいと思っている企業様

 

概 要

Google Apps のメイン機能である、Gmail・ドライブ・カレンダーの基本操作や各システム間の連携等をご紹介させて頂き、新入社員さんや若手社員さんに早く第一線で活躍してほしいと願っておられる企業様のお手伝いをさせていただきます。本来有償メニューとなりますが、今期ご採用の新入社員さんや入社3年目程度までの若手社員さんに Google Apps をご理解・ご活用頂き、Google Apps を活用した効率的なコミュニケーション方法を習得して頂くことを目的としています。
基本的な機能説明や会社で使用する際の活用方法、ちょっとした便利機能、早期処理方法など、デモを交えながらご説明いたします。中途採用の方であってもお気軽にご参加くださいませ。
※基本機能についてのセミナーとなっているため、応用編、管理者様向け機能、基本以外の機能・操作説明については控えめとなります。


プログラム


  1.  Google Apps のコミュニケーションツール(基本編)

    Google Apps には Gmail、カレンダー、ハングアウトなどの様々なコミュニケーションツールが搭載されています。これらをどう使い分けて、効率的にコミュニケーションをとるのか、知っておくと得する便利機能なども交えてご紹介いたします

    株式会社電算システム



  2.  Google Apps のコラボレーションツール(基本編)

    オンラインのファイルストレージ機能と文書作成機能をもつ Google ドライブ はコラボレーションに最適なツールです。
    リアルタイム共同編集や有効な活用方法などドライブ活用の基礎を説明いたします。

    株式会社電算システム


  3. QA

開催中のラクまる勉強会を見る


連絡先

担当: 坪田・竹中
Email: cimarketing@densan-s.co.jp
TEL: 03-3206-1778

  • スケジュール・内容に関して変更が生じる可能性があります。
  • お申し込みは1社2名までとさせていただきます。
  • 今回は研修形式となるため、恐れ入りますがオンサイト参加のみの募集となります。ハングアウトでのご参加は受け付けておりませんので、何卒ご了承くださいませ。
  • 管理者の方や新人研修担当の方で内容を聴講されたい方のみハングアウトで様子をご覧いただけます。同一のお申し込みフォームよりお申し込みくださいませ。
  • お申し込み多数の際は、先着順とさせていただく場合がございます。
  • 本セミナーは、電算システムのユーザー様のみに限らせていただきます。
  • 個別に自社で Google Apps の社員教育をご検討の場合は弊社までご相談ください。
よくわかるGSuite無料セミナー
Chromebook
クラウドサービスのセキュリティ対策「CloudGate UNO(クラウドゲートウノ)」の詳細はこちら
Googleソリューション 導入事例