Chrome devices for meetings™

見積り・お問い合わせはこちら

基本的な質問

Chrome devices for meetings には、テレビ会議に必要な本体(Chromebox)・HDカメラ・マイク/スピーカー・リモコンが揃っています。
ディスプレイ(テレビもしくはモニター)、ネットワーク回線があれば、テレビ会議がはじめられます。

インターネットへのブロードバンド接続が必要となります。

LCD、LED、プラズマ、プロジェクター タイプのモニターやテレビであれば、ご利用することが可能です。
解像度は 1280 x 720 ピクセル以上でご利用いただけますが、1920 x 1080 ピクセルを推奨しています。 

また、ディスプレイには HDMI または DVI 入力端子が必要となりますのでご確認ください。

ASUS Hangourts Meet ハードウェアキットは最大50人の参加者に対応しており、25名程度の会議室での利用が可能です。 
また、前後に並んで着席する教室のような会議室には不向きですので、会議室のレイアウトをご確認ください。

Chrome devices for meetingsをご利用いただくと、G Suite の管理画面より会議室などの施設と紐付けることが可能となり、Google カレンダー と同期できます。ユーザーは Google カレンダー のイベント作成時に通常通り会議室を選択し、イベント開始時刻に会議室に設置した Chrome devices for meetings を起動するだけで、簡単に会議をスタートすることができます。

PCとは違い、Chrome devices for meetings のアプリケーションのみがインストールされており、デバイスが Chrome devices for meetings に最適化されています。また、集音マイク/スピーカーとウェブカメラがセットされているため、1ヶ所に複数人が参加する会議もスムーズに実施することが可能です。



>> ハングアウトをスマートデバイス/PCで利用した場合と Chrome devices for meetings で利用した場合の比較をみる

スマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイスからもご利用いただけます。
下記のバージョンでの利用が可能ですのでご確認ください。
  • Android バージョン 2.3 以降
  • iOS(iPhone、iPad)バージョン 6.0 以降

設置について

三つ又のAC電源コンセント(サージ保護機能付きを推奨)をご利用ください。

それぞれ、下記のスペースが必要となります。

Chromebox デバイス 高さ2.75 インチx幅10インチx奥行12インチ(70mm x 267 mm x 305 mm)
スピーカー/マイク 高さ 2 インチ x 幅 3 インチ x 奥行 6 インチ(76 mm x 51 mm x 152.5 mm)

ネットワークについて

1対1接続の場合、1 mbps/1 mbps(上り/下り)を推奨しています。
グループのビデオ接続の場合、1 mbps/2 mbps(上り/下り)を推奨しています。

証明書(802.1x 証明書は、このリリースではサポートされていません)。
SSL MiTM パケット インスペクションはサポートされていません。

  1. ポート 19302~19309 での参加者から Google への UDP 接続
  2. ポート 19305~19309 での参加者から Google への TCP 接続
  3. ポート 80 での参加者から Google への TCP 接続
  4. ポート 443(SSL)での参加者から Google への TCP 接続

IEEE802.11a/b/g/n, Bluetooth V4.0 の規格で利用可能ですが、最適な画質と音質を得るには有線ネットワーク接続での使用をおすすめしています。

1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
最適な画質と音質を得るには有線ネットワーク接続での使用をおすすめしています。

製品について

それぞれ下記以上離れてご利用になる場合、別途USBケーブルをご用意ください。

カメラ 1.5 m 以上
スピーカー/マイク 90 cm 以上

トーク / ハングアウト サービスが有効になっている必要がありますのでご確認ください。

下記のサービスが有効になっている必要がありますのでご確認ください。
  • トーク / ハングアウト サービス
  • Google カレンダー サービス

 
New Call-to-action
Chromebox for meetings お見積もり・お問合わせ