LS Cloudware GroupScheduler

LSクラウド・ウェア グループスケジューラー

使える、簡単・快適、低価格な
クラウド環境のスケジューラー

グループスケジューラーは、組織内の利用者(ユーザー)同士のスケジュールと共用設備の利用スケジュールを、管理/共有/予約できる簡単操作で高性能なスケジューラーwebアプリです。「タイムライン」と「カレンダー」の二種類のビューから、個人やグループメンバーのスケジュールを一目で確認できるデザインとなっています。どのカレンダーのビューからでも直感的な操作でイベント(予定)の登録ができます。

勿論、自分が作成するイベントにはご自身だけでなく任意のユーザーの参加設定もでき、参加メンバー全員のスケジュールにイベントが自動で追加されます。イベントに参加可能か確認するメールも自動で送信することもできますので、“知らなかった”等の連絡ミスはありません。

役職上や業務上の理由による非公開の設定が可能です。スケジュールを非公開にしてイベントの存在そのものを隠したり、その日時にイベントがあることは公開して内容は非公開にしたり、特定のユーザーやグループあるいはロール(役職)に対し非公開することも簡単です。 グループスケジューラーを用いれば、安全にミス無く組織内でスケジュール共有が可能になります。

使える、簡単・快適、低価格なクラウド環境のスケジューラー

※LSクラウド・ウェア グループスケジューラーは、リトルソフト株式会社が提供するサービスです。

一目で確認、ワンクリックで作成

一目で確認、ワンクリックで作成

部門、グループ、メンバーを階層化されたツリービューで表示し、横軸が時間を表すガントチャートスタイルなので、メンバーのイベントをすぐに確認できます。

イベントはタイムラインやカレンダーで分かりやすく表示。ワンクリックで素早くイベントを作成できる簡易登録、設備予約、招待メール、タスク登録など、スケジュール管理に欲しい機能を全て備えています。更に空き時間検索、メンバーのお気に入り登録等、あるとうれしい機能も搭載。

イベントを作成したい位置でクリックすると、バルーンウインドウが表示され、簡単入力をアシスト。イベントを作成したい位置でクリックすると、バルーンウィンドウが表示され、簡単入力をアシスト。 お客様との電話の最中にスケジュールをおさえたいときも、素早く対応できます。

オフィスでもモバイルでも素早く確認、作成

オフィスでもモバイルでも素早く確認、作成

ビジネスツールの主幹となったタブレットに完全対応しました。スマートフォン向けのコンパクトなインターフェイスも提供。イベントが共有されたり更新があるとメールで通知。 内容を確認してタップするだけで出欠回答。外出先や出張先、どこにいても機動力ある組織的なイベント管理が確実に行えます。

Google カレンダー と双方向での同期機能を装備していますので、Google カレンダー を経由して、 iPhone、iPad、アンドロイド携帯のカレンダー・アプリケーションからグループ スケジューラーの利用が可能です。 また、共有イベントに加えられたユーザーにイベント開催案内通知を簡単に送れます。更に、イベントの作成、更新、削除のたびに招待メールが届きますので、外出や出張中のメンバーとも素早くイベントを共有管理できます。

英語、中国語、韓国語に対応

英語、中国語、韓国語に対応

業務スタッフの多国籍化、事業所の海外進出が当たり前の時代。 クラウド・ウェアは日本語、英語、中国語、韓国語と多国籍に対応。また言語のみならず、現地時間表示も確実にサポート。 電話会議などのイベントもそれぞれの現地時間で見えるので、時差を心配する必要はありません。

組織データ作成、組織変更も簡単

組織データ作成、組織変更も簡単

Google のアカウント情報から、クラウド・ウエアのアカウントを作成できます。またCSVファイルの入出力にも対応。大企業様でも組織、役職(ロール)、ユーザ情報の作成は容易です。
また、組織変更や異動に応じた更新データをあらかじめ登録し、適用日を設定しておけば、ユーザデータを計画的にメンテナンスすることが可能です。

Google Apps 連携

G Suite 連携

Google カレンダー とイベントが同期することで、G Suite によるイベント入出力をお客様自身で拡張することができます。 機密をともなうイベントでは、Google カレンダー と同期をしないように設定しておけば、ケースに応じたイベントのセキュリティ管理が可能です。

ワークフローとシームレス連携で更に便利に

ワークフローとシームレス連携で更に便利に

多く仕事をこなしながら、それに伴う申請・承認等を行うことはビジネスマンの悩みの種。できればこうした管理業務に時間をとられたくない。そうした悩みを解決できるのがワークフロー連携機能です。

予定やタスクをグループスケジューラへ登録すると、それに関連するワークフローのフォームがサジェストされます。タイムラインやカレンダーからフォームの入力・申請、内容確認ができ、アッという間に仕事がラクラク片付きます。

また、「会議」「出張」といったイベントのカテゴリにワークフローのフォームを関連付けることで、イベントに関連するフォームがサジェストされ、手間を省けます。例えば「会議」には「議事録フォーム」、「出張」には「出張経費精算フォーム」等を設定します。

アクセス設定でスケジュール管理安全に

アクセス設定でスケジュール管理安全に

予定が入ってることだけを組織内で共有、内容はイベント参加以外に公開しない。 そんなイベント作成も簡単です。イベント参加者以外のユーザからは、イベントがあることは見えてもタイトルはマスクされ、内容を知られることはありません。

役職(ロール)やグループ、特定のユーザー、イベント参加者に限定したアクセス許可を設定することができます。 イベントごとに Google カレンダー との同期を指定することも可能です。 取り扱いに慎重や注意を要するイベントも安心してグループスケジューラーで管理できます。 Google カレンダー と同期した場合は、Google カレンダー のプライバシー設定が限定公開となります。

更に、公開できないイベントであっても、スケジュールの空き時間は周知されるので、異なる情報共有レベルのイベントをストレス無く組織で管理できます。

サービスイメージ

  • これまでのグループウェアと違う。新しい価値を提供します。
  • 全員の空き時間を探す
  • アクセスレベル設定
  • 参加確認メールを送る

機能一覧

ドラッグ&ドロップ
で簡単作成
ワンクリックでイベント作成、タイトル入力して完了。アッという間にスケジュール登録完了です。
バルーンウインドウによるアシスト機能 イベントを作成したい位置でクリックすると、バルーンウインドウが表示され、簡単入力をアシスト。イベントを作成したい位置でクリックすると、バルーンウィンドウが表示され、簡単入力をアシスト。 お客様との電話の最中にスケジュールをおさえたいときも、素早く対応できます。
ワークフローとの
連携機能
予定やタスクをグループスケジューラへ登録すると、それに関連するワークフローのフォームがサジェストされます。タイムラインやカレンダーからフォームの入力・申請、内容確認ができ、アッという間に仕事がラクラク片付きます。
また、「会議」「出張」といったイベントのカテゴリにワークフローの「議事録フォーム」、「出張経費精算フォーム」を関連付けることで、イベントに関連するフォームがサジェストされ、手間を省けます。
タブレットに
完全対応し
Google カレンダー と
双方向同期機能
ビジネスツールの主幹となったタブレットに完全対応しました。スマートフォン向けのコンパクトなインターフェイスも提供しています。

  • イベントが共有されたり更新があるとメールで通知。
  • 内容を確認してタップするだけで出欠回答。
  • 外出先や出張先、どこにいても機動力ある組織的なイベント管理。
  • Google カレンダー と双方向での同期機能を装備。
※ 対応タブレット: iPad, Android, Windows8
安全なスケジュール管理を実現するアクセス設定機能 予定が入ってることだけを組織内で共有し内容は公開しない、そんなイベント作成も簡単です。イベント参加者以外のユーザからは、イベントがあることは見えてもタイトルはマスクされ、内容を知られることはありません。
更に、公開できないイベントでも、スケジュールの空き時間は周知されます。役職(ロール)やグループ、特定のユーザー、イベント参加者に限定したアクセス許可を設定することができます。
英語、中国語、韓国語に
対応
業務スタッフの多国籍化、事業所の海外進出が当たり前の時代。
クラウド・ウェアは日本語、英語、中国語、韓国語と多国籍に対応しています。
また言語のみならず、現地時間表示も確実にサポート。 電話会議などのイベントもそれぞれの現地時間で見えるので、時差を心配する必要はありません。貴社の海外ビジネスを、ワークフローのグローバル環境の運用でサポートします。
一括承認機能 リスト表示された承認依頼の一部あるいは全てを一括して承認することができます。
代理承認機能 他のユーザーから代理許可されたフォームについて、そのユーザーの代理として承認することができます。代理承認は、本来の承認者と代理承認者の両方が記録され明示されます。
組織データ作成
組織変更も簡単
Googleのアカウント情報から、クラウド・ウエアのアカウントを作成できます。またCSVファイルの入出力にも対応。大企業様でも組織、役職(ロール)、ユーザ情報の作成は容易です。
また、組織変更や異動に応じた更新データをあらかじめ登録し、適用日を設定しておけば、ユーザデータを計画的にメンテナンスすることが可能です。
G Suite 連携機能  Google カレンダー とイベントが同期することで、G Suite によるイベント入出力をお客様自身で拡張することができます。
機密をともなうイベントでは、Google カレンダー と同期をしないように設定しておけば、ケースに応じたイベントのセキュリティ管理が可能です。
兼務機能 1ユーザーが複数のグループに所属する、または複数の役職を担う、兼務を設定できます。職務ごとに独立したカレンダーを持つことができ、メニューから1タップ(クリック)で、各職務を切り替えられます。
代理機能 グループスケジューラーでは本人しか操作できない機能(参加するイベントの変更や削除、参加依頼メールの回答)がありますが、そのような機能を本人の代理として、別のユーザー(代理ユーザー)に操作してもらうことができます。
自分のアカウントとパスワードを知らせずに、スケジュール管理を秘書や部下に任せられます。
お気に入り設定機能 特定のユーザー、設備のスケジュールを見る機会が多い場合、そのスケジュールをすぐに呼び出せるように自分だけが参照できるお気に入りグループを作成することができます。お気に入りには複数のユーザー、設備を登録できます。
またお気に入りはいくつでも作成可能です。
設備予約の制限機能 設備の予約が可能なユーザーを制限することができます。設定は設備や設備グループごとに行えます。例えば、大会議室の予約は課長以上から可能とする、社用車の予約は営業部のみに許可するといった設備に関する社内ルールをグループスケジューラーに反映できます。イベント登録する際、設備選択項目には予約可能な設備が表示されます。
空き時間検索機能 複数のユーザー(または設備)のスケジュールから共通の空き時間(全員のスケジュールにイベントがない時間帯)を「タイムライン」ビュー上に表示することがきます。イベント作成前にユーザーや設備の空き状況が分かるので、時間調整の手間を省けます。
閲覧制限機能 管理者の機能として、グループ単位(若しくは個人単位)で見せる、見せない等の閲覧できるメンバーやグループの設定が可能です。

価格表

製品名・サービス名 月額費用(税抜)
基本サービス ユーザー数による従量課金制(詳細はお問い合わせ下さい)

LS GroupScheduler

クラウド環境のスケジューラー! もっと詳しく情報はこちらから。

LS GroupScheduler を是非ご検討ください。

LS GroupScheduler

お問合わせ・お見積り依頼・デモ依頼