Google Cloud Platform™(GCP)

Google Cloud Storage™

デベロッパーや企業向けの統合型オブジェクト ストレージ

お問い合わせ

Google Cloud Storage の導入前のご相談やお見積依頼などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

『Google Cloud Storage』とは

Google CloudGoogle Cloud Storage は、世界中のどこからでも、いつでもデータを保存、取得できます。データの量に制限はありません。ウェブサイト コンテンツの提供、アーカイブと障害復旧のためのデータの保存、直接ダウンロードによる大きなデータ オブジェクトのユーザーへの配布など、さまざまなシナリオで Google Cloud Storage を使用できます。

GoogleCloudStorage

特徴

単一の統合型 API を使用して
ストレージをアプリに統合

Cloud Storage の API、レイテンシ、速度はストレージ クラス間で一貫しているため、開発の統合が容易になり、コードの複雑さが軽減されます。

オブジェクトのライフサイクル管理を使用して 4 つのストレージ クラス間で価格とパフォーマンスを最適化

オブジェクトのライフサイクル管理を実装することで、レイテンシやアクセシビリティに影響を与えることなく、オブジェクトの有効期間(TTL)の設定、古いバージョンのオブジェクトのアーカイブ、ストレージ クラスのダウンロードを行えます。

高いスケーラビリティと
パフォーマンス

Cloud Storage は無制限のオブジェクト ストレージを提供し、個々のオブジェクトは最大5 TB に設定することができます。オブジェクトの上書き頻度は 1 秒に 1 回まで、読み取り頻度に制限はありません。5 MB を超えるオブジェクトは、マルチパートまたは再開可能なアップロードを使用してアップロードする必要があります。詳細については、Cloud Storage の割り当てと制限をご覧ください。

強整合性

書き込みが成功すると、GET の場合、どのようなリクエストに対しても常にオブジェクトの最新コピーが全体に返されます。新規オブジェクトまたは更新オブジェクトを PUT する場合や、DELETE で削除する場合も同様です。

どのストレージ クラスからでも
すばやくデータにアクセス

カスタム ポリシーを設定することで、その時のコストと可用性のニーズに合わせて、ストレージ クラス間でデータをシームレスに移動できます。

安全で耐久性のある保管を
考慮した設計

Cloud Storage は、99.999999999% の耐久性を維持するように設計されています。データは冗長的に保存され、自動チェックサムにより整合性が保たれます。Multi-Regional Storage の場合、データは地理的に離れた場所に保存されます。

データ ストレージの炭素排出量を
ゼロに削減

ストレージを自己管理型データセンターまたはコロケーション施設から GCP に移行することで、企業のデータ ストレージに直接関連する排出量はゼロになります。

あらゆるワークロードに対応するストレージ ソリューション

4つのストレージ クラス(比較)

ストレージ クラス

Multi-Regional

Regional

Nearline

Coldline

料金

$0.026 / GB/月

$0.02~$0.035 / GB/月

$0.01~$0.02 / GB/月

$0.007~$0.014 / GB/月

用途

可用性に対する要求と
アクセス頻度が最も高い
データ

リージョン内で
アクセス頻度が高い
データ

アクセス頻度が
月に 1 回未満
のデータ

アクセス頻度が
年に 1 回未満
のデータ

冗長性

地理的冗長性

リージョン単位
(複数可用性ゾーン間)

リージョン単位

リージョン単位

可用性

99.95% SLA

99.9% SLA

99% SLA

99% SLA

耐久性

100.00%

応答性

ミリ秒単位で安定してアクセス可能な API

ユースケース

コンテンツの保存と配信、ビジネス継続性

特定リージョン内に
データを保存して
データ分析を行う

頻繁にアクセスする
コンテンツを保存する

アーカイブ ストレージ、
バックアップ、リカバリ

アプリケーション

動画、マルチメディア、
ビジネス継続性

コード変換、データ解析、コンピューティング集約型のデータ処理

ロングテールのコンテンツのバックアップ、
まれにしかアクセスしない
ドキュメント

ソースファイルの
バックアップの
アーカイブ、障害復旧

料金体系

Cloud Storage の料金は、次のコンポーネントに基づいて計算されます。
DataStorage

データ ストレージ

Cloud Storage バケットへのデータの格納

Network

ネットワーク使用量

バケット内のデータへの
アクセスと移動

Operation

オペレーション使用量

Cloud Storage で
操作を実行

NearlineColdline

取得と早期削除

Nearline Storage または
Coldline Storage のみ

【料金例】

シンプルな料金の例(1ヶ月利用分)

料金カテゴリ

使用のタイプ

使用量

計算

料金

データ ストレージ

Multi-Regional Storage

50 GB

1GB あたり
$0.026

$1.30

ネットワーク

アメリカと EMEA への下り

10 GB

1GB あたり
$0.12

$1.20

オペレーション

 

クラス A オペレーション
(オブジェクト追加、バケットおよびオブジェクトの一覧表示)

10,000
オペレーション

10,000 オペレーションあたり
$0.05

$0.05

クラス B オペレーション
(オブジェクト取得、バケットおよびオブジェクトのメタデータの取得

50,000
オペレーション

10,000 オペレーションあたり
$0.004

$0.02

   合計 $2.57

詳細な料金の例(1ヶ月利用分)
(複数のストレージ クラスと、複数の層にまたがる帯域幅消費を含むストレージ使用)

料金カテゴリ

使用のタイプ

使用量

計算

料金

データ ストレージ

 

Multi-Regional Storage

60 TB
(61,440 GB)

$0.026/1GB 

$1,597.44

Nearline Storage
(マルチリージョンのロケーションに保存)

100 TB
(102,400 GB)

$0.011GB

$1,024.00

ネットワーク

      

南北アメリカと EMEA への下り

  

25 TB

  

0~1 TB 階層:1 TB(1,024 GB)
$0.12/1GB

$122.88

1〜10 TB 階層:9 TB(9,216 GB)
$0.111GB

$1,013.76

10 TB 超階層:15 TB(15,360 GB)
$0.081GB

$1,228.80

アジア太平洋への下り

  

25 TB

  

0~1 TB 階層:1 TB(1,024 GB)
$0.121GB

$122.88

1〜10 TB 階層:9 TB(9,216 GB)
$0.111GB

$1,013.76

10 TB 超階層:15 TB(15,360 GB)
$0.081GB

$1,228.80

上り

30 TB

上りは無料

$0.00

オペレーション

  

Multi-Regional Storage データに対するクラス A オペレーション(オブジェクト追加、バケットやオブジェクトの一覧表示

100,000 回
のオペレーション

10,000 オペレーション
あたり $0.05

$0.50

Multi-Regional Storage データに対するクラス B オペレーション(オブジェクト取得、バケットやオブジェクトのメタデータの取得)

10,000,000 回
のオペレーション

10,000 オペレーション
あたり $0.004

$4.00

Nearline Storage データに対するクラス B オペレーション(オブジェクト取得、バケットやオブジェクトのメタデータの取得)

1,000,000 回
のオペレーション

10,000 オペレーション
あたり$0.01

$1.00

Nearline 料金

データの取得(下りデータ全体のうち Nearline Storage の部分)

10 TB
(10,240 GB)

$0.01/1GB

$102.40

合計

$7,460.22

 

Google Cloud Strageへのデータ移行

Cloud2Cloud

クラウドからクラウドへの移行

オンラインデータソースから Google Cloud Strage にデータを移行するには、Cloud Strage Transfer Service を利用します。

Amazon Simple Strage Service(Amazon S3)バケット、HTTP/HTTPSロケーション Google Cloud Strageバケット からの移行に対応します。

Onpremises2Cloud

オンプレミスからクラウドへの移行

データセンターに設置する、ラックマウント可能な大容量ストレージサーバー(Transfer Appliance)を利用します。

データを格納、取込み拠点に搬送してそこから Google Cloud Strage にデータをアップロードします。

1台あたりのアプライアンスの容量は、100TBと480TBから選択が可能です。データをすばやく移動する必要がある場合に最適なソリューションです。

Google Cloud Storage に関するお問い合わせ