お知らせ 2019.03.18

高品質・高性能な法人向け電源管理ソリューション「OmniCharge(オムニチャージ」の取り扱いを開始しました。

omnilogoアセット 1

どのような場所でもあらゆるデバイスに電源を供給できる「Omnicharge」。

ソーラーパネルと組み合わせることで、従来、電源の需給が難しい場所への設置や災害時の電源確保が可能となる他、給電しながら充電が可能なパススルー機能を備えた、最先端のパワーソリューションデバイスです。
さらに、電算システムが提供するデジタルサイネージ「StratosMedia」と組み合わせることで、災害時においても、クラウド環境でコンテンツ更新や配信が可能となります。

 OmniStationOmnicharge Power Station
1台で10個の Omnicharge 携帯型充電器を3時間以内にフル充電
(※OmniStation×1 + 専用Omni20×10)

omni20

専用Omni20
(※単品販売されている Omni20 とは仕様が異なります) 

活用シーン


また、活用シーンとして災害時に電源の供給が求められる
<官公庁><空港><工場><教育関連><病院><介護施設><大型商業施設>
など、緊急時等、大量の電力を必要とし利便性の高い電力供給を瞬時にサポートできるデバイスとして、新たな電源工事を行う必要もなく、さまざまなシーンにも十分対応できます。
※0.1V単位で出力を調整可能で特殊機器にも給電が可能

パワフルで高品質・高性能なデバイスである一方、利用状況をクラウドにアップデートし、Webブラウザで管理できる機能も持ち合わせております。

 

製品の特徴

  

  1. 高出力・高速充電
    ノートPCやタブレット、携帯電話、カメラ、ドローン、装着型デバイスなど
    プロフェッショナルな電子機器に電力を供給可能。

  2. あらゆるデバイスに対応
    リアルタイムな電力管理機能を持ち合わせ、接続されているデバイスを検知することで
    最も効率的な充電出力を調整します。

  3. 業界最高水準の安全設計
    情報処理機能の高い、特殊特許済11層の電力系統保護システムを採用しています。

  4. ソーラーパネルを活用し、BCP(事業継続計画)対策の一環としての活用
    2011年に発生した東日本大震災以降、多くの企業がBCP(事業継続計画)の見直しを
    迫られている中、非常用電源の確保をすることにも力を入れています。

  5. 再生エネルギーを活用しCO2削減
    2016年に発行されたパリ協定以降、温室効果ガス排出量の削減に向け再生エネルギーの
    活用事例が年々増加しています。

導入事例

 

 米軍、ペンシルベニア州立大学、JFK空港、WeWorkなど

omnicharge 社について

 

 omnicharge (本社:アメリカ カリフォルニア州)は、プロフェッショナル・ビジネスユーザーをサポートする携帯可能な電源を妥協のない品質で提供するパワーソリューション企業です。あらゆる場所ですべてのものに電力を供給していくことを可能にし、ミッションを遂行するパワーを提供します。

 

見積り・お問い合わせはこちら

 

デジタルサイネージについての詳細はこちら


新規CTA