<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

学校の調理室に Chromebook™ !
家庭科の授業でも活躍している ICT教育ツール Chromebook

title-1

1947年に新学制実施に伴い、東京女子高等師範学校附属高等女学校から中学校・高等学校に分かれ、共学校として70年を超える歴史と伝統を持つお茶の水女子大学附属中学校。「自主自律の精神をもち、広い視野に立って行動する生徒を育成する」を教育目標に、多様な教育カリキュラムを開発し、独自の教育活動を行っています。同校では、2019年9月より Chromebook を150台導入しており、様々
な授業で活用しています。

同校では、2019年9月より Chromebook を 150台導入しており、様々な授業で活用しています。

ocha_gazou

ICT 教育を阻むデータの運用・管理の問題

以前より、ICT教育に積極的に取り組んでいたお茶の水女子大学附属中学校。以前より
他社製ノートPC20台、タブレットを40台を導入していました。しかし、運用面で様々
な課題がありました。

ノートPCは、再起動するとデータが消える仕様になっており、生徒は作成したデータ
をUSBメモリに保存していました。しかし、USBメモリの管理が難しかったり、データ
の破損等が頻繁に起きており、データの管理に苦労していました」と保健体育担当の教諭は振り返ります。

また、不具合でノートPCが強制終了するとそれまでの作業データが消えることがあり
ました。データが消えた生徒は、パソコン嫌いになってしまう傾向があり、本来の教育
目的の逆効果になることもありました。
使用していたタブレットでは、1台ずつパソコンにつないで、デジタルテキストの
データをコピーする必要がありました。そのため授業の前にデータを用意するのが一
苦労でした」と話すのは家庭科担当の教諭です。

続きはコチラから

Corporate Information


社名 お茶の水女子大学附属中学校
所在地 東京都文京区大塚2-1-1
設立 1947年4月
URL http://www.fz.ocha.ac.jp/ft/


   ↓ ↓↓ 続きはコチラからダウンロードしてご覧下さい ↓↓↓   

お茶の水女子大学附属中学校 導入事例