DriveBase

ドライブベース

DriveBase とは?

Webアプリケーションを手軽に構築することができる Google ドライブ™ 上の業務アプリケーション プラットフォームです。

新たなニーズによって業務アプリケーションの構築が急務な場合でも、特別な専用インフラ不要、RAD採用による開発スピード向上、ログイン管理やアクセス制御は G Suite が吸収するため、セキュリティ性の高いデータベースアプリケーションの迅速な構築が可能です。

DriveBase とは?

貴社にこんな課題はありませんか?

貴社にこんな課題はありませんか?

DriveBaseはこんな課題を解決します

DriveBaseはこんな課題を解決します

  • 開発スキル不要のマウス操作のみで簡単に画面作成
  • 100%WEBシステムなので必要なものはブラウザのみ
  • Google ドライブ 上で利用可能
  • マルチデバイスに対応
  • 専用サーバ不要ですぐに始められる
  • Google のクラウドで提供
  • アカウント追加・削除は G Suite と連動
  • アクセス制限は G Suite のポリシーと連動
  • 簡単に項目追加可能

DriveBaseの利用例

DriveBase を使うと、G Suite 上で様々な業務アプリケーションがつくれます。
もちろんモバイルデバイスでも利用できるので、社外での利用にも柔軟に対応可能です。

FAQ

FAQ

社内の業務ルールや作業手順、資料、問い合わせ先などを一元化

在庫管理

在庫管理

社内の備品、パンフレットやノベルティなどの販促ツールを簡単に管理

問い合わせ管理

問い合わせ管理

お客様からのお問合わせやクレーム対応履歴の登録と過去事例を検索

営業支援

営業支援

案件や商談状況を顧客情報と結びつけて簡易なSFAとして管理

社員名簿

社員名簿

社員の公開情報や人事情報を一元管理し、必要な時にすぐに探せる

アンケート

アンケート

従来の紙のアンケートをタブレット対応し、名刺写真も同時に取り込み

障害管理

障害管理

障害発生~対応完了までの進捗状況・詳細情報の管理と共有

商談管理

商談管理

商談の参加者、内容、課題などを記録して必要な情報をもれなく報告

有償テンプレート
「文書管理 for Google ドライブ」のご紹介

 

<「文書管理 for Googleドライブ」でできること>

文書をテンプレートとして用意しておけば、新規作成時に、「文書管理 for Google ドライブ」が自動的にテンプレートをコピーして、そのまま編集する事が出来ます。 文書を申請データとして承認者へ承認依頼をかけることが出来ます(承認中は、オーナー権限が剥奪され、文書変更、アップロード等の操作をすることが出来ません)。 承認依頼された文書を、次の承認者へ承認依頼で回すことが出来ます。また、差し戻し操作により、一つ前の操作(申請又は前の承認)に戻すことが出来ます。 最終承認された決裁文書を、ドメイン内公開又は、閲覧可能範囲で公開することが出来ます。 決裁後文書は「文書管理 for Google ドライブ」で指定された管理者がオーナーとなり、文書をロックすることが出来ます。

  • 有給休暇申請、出張届、仮払い申請などの、決裁が必要な各種届出書類に。
  • 業務日報、月次報告書などの、会社への報告書類に。
  • プレスリリース、決算報告書などの、公開文書の事前決裁に。

<文書の作成>

文書管理メニューから"文書作成"を選択すると、登録済みのテンプレート(作成の元となる文書)の一覧が表示されます。テンプレート文書は、Google ドライブ 上の特定のフォルダの一覧ですので、閲覧権限の共有をかけておく必要があります。文書一覧から作成したい文書をクリックすると、ブラウザ上で編集できる文書(Google Docs)は、別タブでそのまま編集が出来、ダウンロードして編集するファイルはプレビューよりダウンロードして編集します(別製品の ”DriveDirect” をご利用のお客様で、Office ファイルを編集する場合はそのまま ”DriveDirect” で編集が可能です)。

文書の作成


<文書の申請>

"文書作成"の"作成済みの文書"欄をクリックするか、文書管理メニューより"申請待ち(作業中)"をクリックして、申請待ち文書の一覧を表示します。作成途中の文書がすべて表示されるので、対象の文書を選択すると、タイトル変更、承認者(申請先。組織内のメールアドレス指定)選択、参照者(閲覧権限付与者)選択、コメント欄(Googleドキュメント の説明欄を使用)を入力することが出来ます。また、編集ボタンや、ダウンロード、アップロードボタンが表示されるので、まだ作成途中の文書はここで編集することが出来ます。

文書の申請


<文書の承認・差し戻し>

文書管理メニューより"承認待ち"をクリックすると、これから承認すべき文書が太字フォントで一覧表示されています。既に承認済みで未決裁、または閲覧権限のみで承認中の文書は、透過で一覧表示されています(クリックすると閲覧モードで開くことが出来ます)。 承認すべき行を選択すると、次の承認者がいるときは、承認者欄を指定し、コメント、閲覧権限者を追加して、承認します。このステップで決裁の時は、承認者欄は入力せずに承認ボタンを押下します。この時に、公開チェックをチェックして承認を行うと、組織内に公開文書として公開されます。一つ前のステップに差し戻す時は、コメントを入力し、差戻しボタンで差し戻すことが出来ます。

文書の承認・差し戻し


<決裁文書>

承認にて決済された文書が表示されます。文書管理メニューでは、非公開文書(閲覧以上の権限を持つ人のみ表示)、公開文書(組織内すべての人に閲覧表示)で、分類されています。

決裁文書1

決裁文書2

Google ドライブ の文書を扱うシステム開発のベースとしてもご活用ください。
「文書管理 for Google ドライブ」は、"DriveBase"で構築されたシステムです。"DriveBase"の優れたRAD性能により、簡易な仕様変更はもちろん、フルカスタマイズでも、圧倒的な開発スピードで、もっとも早く、優雅なシステムが開発できます。

DriveBase の仕組み

DriveBase の仕組み

データベースは Google Cloud Platform に

  • Google のプラットフォームで高い可用性とセキュリティ
  • サーバレスにより運用負荷を軽減

フロントに Google Drive を使用

  • ID管理・権限付与は G Suite 機能で行うことが可能
  • 認証は G Suite とシングルサインオン
  • 外部からのアクセス管理は G Suite アドオンのポリシー適用が可能

マルチデバイス対応

  • スマホやタブレットでご利用の場合にもそのまま動作
  • 100%クラウドサービスのため、端末環境の制約なし

ご提供内容

無償サービス

無償サービス

無償サービス

無償サービス

有償サービス

有償サービス

有償サービス

有償サービス

ご提供内容

G Suite の特徴をご紹介!

マルチデバイスに対応するスピード重視の「コミュニケーションツール」へと進化する、G Suiteの特徴と他社ツールとの比較についてわかりやすくご紹介します。

G Suite の特徴と他コミュニケーションツール比較

株式会社電算システムに関する