<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

リアルタイム分析で近未来が見える?メリットや活用例をご紹介

 2022.06.17  株式会社電算システム

企企業が自社の商品をより多く手に取ってもらうため、あるいはサービスを多くの人に利用してもらうためには、蓄積された購買履歴等のデータを分析し、より効果的な手法を選択していくことが大事です。しかしこれからの時代、リアルタイム性の高い分析と、それに基づく意思決定がより重要となってきます。ここではその具体的なメリットや活用例などを解説します。

リアルタイム分析とは

リアルタイム分析とは、その名の通り今まさに知りたい情報をすぐに分析し、素早い意思決定をすることを意味します。収集したデータを一度データベースへ収め、分析を異なる工程として行うのではなく、データ収集と分析の処理をほぼ同時に行います。

このことにより顧客行動やトレンドの変化にも即座に対応し、アクションを起こすことが可能となります。迅速な意思決定を支援し、競合企業に差をつけることも期待できるでしょう。

リアルタイム分析の必要性

ビッグデータの流行やSNSの普及などに伴い、年々リアルタイム分析の必要性は高まっていますが、その背景には技術の向上が関係しています。

昨今、従来に比べてコンピューターの処理能力が爆発的に向上し、AI技術の発展なども伴い、分析の幅も大きく広がっています。IoTも活用の場を広げており、あらゆるモノからデータが収集されるようにもなったため、処理システムに求められる価値も大きく変化しているのです。

そのため、すでにリアルタイム分析を取り入れて企業活動に役立てている企業も多く存在し、素早い分析を行わず、意思決定を踏みとどまってしまうことで、他社との競争に出遅れてしまう可能性もあります。

また、組織全体に影響するような決断を下す場合、当然その妥当性をしっかりと吟味して正解を導き出さなくてはなりません。しかし、常に最適解があるとは限りませんし、絶えず変化する顧客のニーズにも対応しなければ最適な判断はできないでしょう。

過去のデータをもとに分析し、効果的な選択をしたつもりでも、その時点ではすでに状況は変わっており、期待する効果が得られないということもあり得ます。

このため、判断は迅速でなければなりませんし、できるだけ新しい情報による分析が重要なのです。

つまり、「的確な判断を下すため」にもリアルタイム分析が必要であるといえます。最新の情報を使って効果的な判断を下すことは、より顧客満足度を向上させ、さらには作業工数の削減などにもつながるでしょう。

初めてのデータ活用
日本の伝統的企業が進めるDXとは

リアルタイム分析のメリット

リアルタイム分析には数々のメリットがあります。例えば「現在のニーズに適したサービス提供をすることで、付加価値向上に繋げられる」というのもその一つです。

顧客の購買ニーズが顕在化したタイミングで、これを逃さずに必要なサービス・商品・情報を提供できれば、顧客としても当該サービス等を選ぶ理由になります。

単にサービス等を提供するだけでなく、今まさに求めている形にフィットさせて提供することが大きな価値になりうるでしょう。

情報の入れ替わりが早い現代では、蓄積されたデータからの分析では実際世界の状況とそぐわない場合もあります。

リアルタイム分析は情報が生まれた時点から把握でき、常に最新の情報をもとにサービスの提供を行えます。流行やトレンドといったものだけでなく、緊急性や危険性の高い状況にも対応することができます。

こうした対応アクションの早さは企業の信頼を高めるだけでなく、リスクの最小化やコストの削減といったメリットにも繋がります。

リアルタイム分析の活用例

リアルタイム分析は、小売店・製造業・カスタマーサービス・スポーツまで、幅広い分野ですでに活用されています。

たとえば製造業においては、工場で発生する不良品をリアルタイムで把握し、対応することが最終的に大きく効率に関わってきます。

臨機応変な処理により不良品かどうかの区別を分析し、その分析結果から次のアクションを素早く決定するということが、多くの工場で実際に行われています。大量生産を行っている現場においてはその積み重ねが大きな差を生むことになります。

また、小売業においては、店内の訪問者の動きがリアルタイムに変動するので、対応は柔軟かつ迅速であることが求められます。そこで機会損失を生まないために、入店から退店までの間に効果的なプロモーションやレコメンドをすることを目的として、リアルタイム分析が活用されています。

他にもさまざまな業界において、製品や企業との差別化、顧客に合わせた最適なコミュニケーションなどを目的として、リアルタイム分析の活用がなされています。

データ分析

リアルタイム分析とGoogle Cloud

リアルタイム分析は、データの収集から処理・蓄積、そして可視化というステップで進みます。通常のデータ分析と大きな流れは変わりませんが、その名の通り、各ステップにおいてよりリアルタイム性を高めるようなシステムの構築が必要とされます。また、各ステップにおける具体的な方法はその目的・用途・環境に応じて異なります。

リアルタイム分析において要になってくるポイントはいくつかありますが、最初に必要なのはデータ収集です。パソコンやスマートフォン、タブレットと言った端末操作から現れる情報や、IoTなどを通した様々なセンサーから得られる情報など、情報自体は規則性もなく各所に広がっています。

多くの情報を収集することは大切ですが、使いやすい形になるように収集していかなくては意味がありません。

そのため「検知ロジックを改善すること」にも注視する必要があります。なにか特定事象を検知する目的があるなら、その検知ロジックを適用する前に、妥当性をしっかり検証していなければ効果的な結果は得られません。

適切なロジックでなければ大量の無駄な通知を出してしまい作業効率が低下します。今まさに知りたい情報を扱うリアルタイム分析では、データをいかに効率的に収集するかも大切な要素になるでしょう。

ここまで述べた通り、どのような基盤を構築するかによって、リアルタイム分析の効率は大きく変わってきます。一例として、Google Cloud(GCP) には Pub/Sub というサーバレスのメッセージングサービスが搭載されており、リアルタイムデータを確実に取り込むことができます。前述の通りサーバーレスのサービスであるため、ユーザーはサーバー構成を気にすることなく、すぐに利用することができます。

Pub/Sub の仕組みはGmail ,Google検索などおなじみの各種Googleサービスでも採用されており、日々大量のデータを処理していることから、とても信頼性の高いツールであることが伺えるのではないでしょうか。

また、次にポイントとなってくるのが、収集したデータの処理や加工です。リアルタイム分析においては、データの処理速度が非常に重要なポイントになります。リアルタイムに膨大なデータを分析をするためには、高いサービススペックが求められるのです。

一般的に、リアルタイム(あるいは、そうでない通常の)データ分析では、収集したデータをそのまま分析に利用できることは少ないです。収集したデータに対して、目的に応じた前処理や加工をした上で蓄積することで、初めてデータ分析に利用ができるようになる、というのが通例となっています。

目的によってはデータに対して複雑な処理が必要となりますし、リアルタイム分析をしようとすると、処理自体に時間がかかるようでは意味がありません。そのため、スムーズで高速な処理が求められる、というわけです。

こちらも、GCPにはリアルタイム分析のための処理を実現するため、OSSである「Apache Beam」をベースとした「Dataflow」というサービスが存在しています。

このDataflow を活用することで、前述したような複雑な処理でも正確に素早く簡単に実行することができ、リアルタイム分析に必要なデータを手間なく揃えることが可能になります。

このように、GCPにはリアルタイム分析を実現するための各種サービスが取り揃えられています。いずれも自動スケーリングに対応しており、自社の状況に応じてリソースを自動的に増減してくれます。そのため、システムの管理者が都度設定を変更したり、煩雑なリソース調整を行う必要はありません。

面倒な作業はGCPが自動で行ってくれるため、担当者は本来注力すべき分析作業に集中することができ、結果的に大きな業務効率化や生産性向上が見込めるのです。

DSKのデータ分析基盤構築サービス

ここまで述べた様に、リアルタイム分析はビジネスを加速する上で是非取り入れたい分析手法ですが、データを収集する方法や仕組みの整備が導入のハードルになりがちです。

DSKでは、企業が最も効率的に、素早く経営データをビジネスに活かせる様、データ分析基盤構築サービスを実施しています。

データ分析基盤構築サービスでは、弊社の誇るデータサイエンティスト・データエンジニア達がデータ分析における課題の設定、計画、データ収集、データの加工、集計、可視化まで一貫してサポート致します。

リアルタイム分析のご導入をご検討の方は、無料相談を受け付けておりますので、是非一度DSKまでお問い合わせ下さい。

まとめ

リアルタイム分析を行うことでスピーディな意思決定が実現可能となり、より効果的な取り組みをいち早く実践できるようになります。リアルタイム分析を利用することで、業績をさらに伸ばすことも可能になるでしょう。

そのほかにも、業務の効率化、低コスト化などさまざまなメリットが得られます。リアルタイム分析に興味のある方は、本記事を参考にぜひデータ分析基盤構築サービスについてもご確認ください。

初めてのデータ分析

RELATED POST関連記事


RECENT POST「データ分析」の最新記事


データ分析

データ分析の種類と方法

データ分析

社内に求められるデータ分析の役割と仕事内容

データ分析

回帰分析とは?基礎知識や活用事例を紹介!

データ分析

テキストマイニングとは?必要性や活用シーンを解説!

リアルタイム分析で近未来が見える?メリットや活用例をご紹介