<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

データマネジメントとは?
メリットや導入事例、成功させるポイントを解説

 2021.06.14  株式会社電算システム

情報通信技術の進化とともに、人類が創出するデータ量は爆発的に増大しています。このような社会において企業が競争優位性を確立するためには、データマネジメントによる市場価値の創造が不可欠です。本記事ではデータマネジメントの概要やメリットを解説するとともに、実際に導入して成果を生み出した企業の成功事例をご紹介します。

データマネジメントとは

「データマネジメント」とは、企業が取り扱う膨大な情報を管理し、定量的な分析に基づく経営戦略を構築するマネジメント手法です。IT技術の驚異的な進化によってさまざまな産業が発展を遂げ、社会を取り巻く環境は大きく変化しました。

しかし、ITの発展によって多くの恩恵を享受する一方、市場における競争は激化の一途をたどっています。情報爆発時代と呼ばれる現代社会において、企業が競争優位性を確立するためには、情報の効率的かつ効果的な運用が不可欠です。

このような社会背景も相まって、さまざまな業界においてデータマネジメントの重要性が高まっています。

初めてのデータ分析
初めてのデータ活用

データマネジメントのメリット

データマネジメントによって得られるメリットのひとつは、定量的な分析に基づいたロジカルなマーケティング戦略を構築できることです。たとえば、コンタクトセンターに寄せられる声を分析することで、顧客の潜在的な需要の把握につながります。顧客の需要という数値化が困難な定性データを分析することで、正確な需要予測や顧客ニーズに基づく製品開発が可能になるでしょう。

また、データマネジメントは戦略策定における、迅速な意思決定に寄与します。経営戦略の策定において意思決定のスピードは非常に重要な要素です。データマネジメントでは、ただ情報を管理するだけではなく、データの設計や蓄積する仕組みの構築、経営戦略の策定や計画なども行います。あらゆるデータを統括的に管理し、情報の正確性や網羅性を担保することで、たしかなデータに基づく迅速な意思決定が可能になります。

膨大なデータを分析することで、業務プロセスが可視化されることも大きなメリットです。業務プロセスを可視化できれば、プロジェクトやチームが抱えるさまざまな問題が見えてきます。この問題とは理想と現実の間にあるギャップです。問題が明瞭になることで的確な現状認識につながり、ゴールへと至るために何をすべきか把握できます。従業員一人ひとりの具体的な目標設定にもつながり、結果として組織全体の業務効率の改善と労働生産性の向上に寄与します。

データマネジメントを成功させるポイント

データマネジメントを成功させるうえで、核となる重要なポイントが2つあります。それが「目的の明確化」と「スモールスタートから実施」です。ここではデータマネジメントを成功させる2つのポイントについて解説します。

目的の明確化

データマネジメントを成功させるうえで重要となるのが目的の明確化です。データは収集するだけでは意味を成さず、活用してこそ真価を発揮します。データマネジメントは、ただ情報を管理することが目的ではありません。何のためにデータマネジメントを実施するのか、目的を明確にすることが重要です。

企業とは、商品やサービスの提供を通じて顧客の需要を満たし、社会的に貢献することで利益を得て発展する組織です。したがって、企業の存在意義とは価値創造を通じて顧客満足度を最大化することにあります。顧客が求める製品やサービスを創出するために、何をすべきかを明確にすることが価値創造への第一歩です。

スモールスタートから実施

新たな市場価値を創造することは、決して大規模なマーケティング戦略を展開することではありません。いきなり大掛かりな改革を進めてしまっては、むしろ逆効果になる可能性もあります。「小事が大事」ということわざがあるように、まずはスモールデータの最適化からスタートし、成功事例を積み重ねていくことが重要です。まずは一部門の小さなデータマネジメントから始め、凡事徹底に努めることで、やがて新たな価値創造へとつなげられるでしょう。

データ分析

データマネジメントの導入で成功した事例

情報通信技術の発展とともにビジネスを取り巻く環境は日々変化しています。いまや企業経営においてデータマネジメントは必須の事業戦略です。ここからは、実際にデータマネジメントを導入し、自社が抱える経営課題を解決した企業の事例をご紹介します。データマネジメントを活用することで、どのような成果を創出したのか見ていきましょう。

カネボウ化粧品

日本を代表する化粧品販売企業である「カネボウ化粧品」では、ブランドごとに独立したマーケティング戦略を構築していました。しかし、それではデータ管理が分断されているため意思決定の遅延につながり、迅速なマーケティング展開が困難です。そこで同社は「DMP」を導入し、経営戦略にデータマネジメントを取り入れました。

DMPとは「Data Management Platform」の略称であり、インターネット上に蓄積されたさまざまな情報を管理するITソリューションです。DMPの導入によって各ブランドを横断した円滑な情報共有が可能になり、購買情報やユーザープロファイルの共有、各種プロモーションの最適化に成功しました。カネボウ化粧品は、各ブランドがもつデータという貴重な経営資源を組織全体で共有し、定量的な分析に基づくマーケティング戦略を構築したのです。

ANA

ANAホールディングスの子会社である「全日本空輸株式会社(ANA)」は、マイレージクラブ会員に向けてANAカードを提供しています。同社はカード会員増加のために、過去にWebサイトを訪れたユーザーに対して広告を表示する「サイトリターゲティング」という広告戦略を実施していました。

しかし、サイトリターゲティングでは、ANAカード所有者に対する広告は無駄になり、Webサイトに訪問しなければ訴求できないというデメリットがあります。そこで導入されたのが「DMP」です。これにより同社は会員ステータスごとのセグメント作成に成功し、Webサイト訪問者以外への戦略的アプローチを実現しました。

データマネジメントの課題にGoogle Cloudの活用を

さて、ここまでデータマネジメントの重要性について解説して参りましたが、いざその体制を構築しようと思っても、専門性の高い知識や技術、ノウハウが必要だったり、社内のさまざまな組織を横断した取り組みが不可欠で、企業が取り組むべき課題は多くあります。

必要性を認識していても、費用対効果の観点から導入に踏み切れない企業も多いのが現状ではないでしょうか。

そこで弊社DSKでは、Google Cloudの利用をオススメ致します。Google Cloudを活用すれば、初期投資を抑える事ができ、小規模かつ低コストから利用を開始する事ができます。

また、ビックデータ分析に特化したデータウェアハウス BigQueryも提供しており、スピーディなデータ分析を行う事ができます。

尚、自社内にデータアナリストなど、データ分析チームをお持ちでないお客様向けに、弊社の誇るデータアナリストが、データマネジメント環境の構築からデータ分析まで一貫してサポートさせて頂く事も可能です。

無料のご相談から受け付けておりますので、データマネジメント環境の構築にお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

まとめ

IT技術の驚異的な発展によって、社会を取り巻く環境は大きな変化を遂げました。しかし、情報通信技術の恩恵によって人々の暮らしは豊かになる一方、市場での競争は激化の一途をたどっています。

このような状況において、企業が市場における競争優位性を確立するためには、データマネジメントによる新たな価値を創造することが必要不可欠です。人類史上類を見ないほどの情報があふれる現代社会において、膨大なデータの利活用は非常に重要な経営課題といえます。

ぜひ、本記事を参考にして、データマネジメントを自社の経営戦略に活用してください。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「データ分析」の最新記事


データ分析

データ分析のサービスの特徴や事例を紹介!おすすめBIツール3選

データ分析

データウェアハウスとデータベースとの違いは?導入のポイントを解説

データ分析

分析したデータを上手に活用する基本テクニックまとめ

データ分析

経営データ分析の重要性と必要な体制構築について解説

データマネジメントとは?メリットや導入事例、成功させるポイントを解説