<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Windows 365のプラン・価格を紹介

 2022.06.21  株式会社電算システム

リモートワークやテレワークの普及により、クラウド型仮想デスクトップの需要は高まっているといえるでしょう。導入を思案している企業様も少なくはありません。この記事では、Microsoftのクラウド型仮想デスクトップ「Windows 365」のプランと価格を紹介します。Windows 365のプランや価格を調べたい方や、Windows 365のクラウド型仮想デスクトップの導入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Windows 365のプラン・価格を紹介

そもそもWindows 365とは?

Windows 365とは、クラウド上のバーチャルマシンにあるWindows10(11)のネットワークを介して使用できるサービスのことです。オフィスのPCや自宅のPC、タブレット、スマホといったデバイスからブラウザ経由でクラウドPCにアクセスすると、同じ環境のWindows10(11)を使って作業ができます。ブラウザに接続したデバイスにはWindowsの画面が転送され、データはクラウドPCに保存されるため、オフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドワークといった用途に最適です。

Windows 365にはBusiness(ビジネス)とEnterprise(エンタープライズ)の2種類のプランがあり、ライセンスの前提条件や使用可能なユーザー数などが異なります。Windows 365 Businessは規模が小さめの組織におすすめのシンプルなプランで、クラウドPC環境を容易に構築できます。Windows 365 Enterpriseは従業員が300人以上の大企業向けのプランで、ユーザー数無制限での使用が可能です。

ノーコード開発プラットフォームAppSheetご紹介資料
Google Workspace導入に合わせて一緒に考えたいオプション製品

Windows 365のプランと価格

Windows 365にはBusiness・Enterpriseの2種類のプランが存在します。Business・Enterpriseのプランは、それぞれBasic・Standard・Premiumという3種類です。ここではWindows 365のプランと価格を解説します。

Windows 365 Business

Windows 365 Businessは、プランとしてBasic・Standard・Premiumの3種類があり、価格は異なります。プランの概要は以下の通りです。

プラン名 Basic Standard Premium
価格(1ユーザー当たり) 月額4,210円(税抜) 月額5,570円(税抜) 月額8,970円(税抜)
ユーザー数 300人まで 300人まで 300人まで
vCPU(仮想CPU) 2vCPU 2vCPU 4vCPU
メモリ容量(RAM) 4GB 8GB 16GB
ストレージ容量 128GB 128GB 128GB
デスクトップ版
Officeアプリサポート
対応 対応 対応
デスクトップ版
Teamsサポート
チャットまたは音声通話で対応 対応 対応
Visual Studioサポート 非対応 非対応 非対応

プランによって、クラウドPCのスペックやアプリサポートの対応が異なり、価格が高いプランほどハイスペックでアプリサポートの対応が充実しています。WordやEXCELを使用する業務が中心であればBasicプランでも十分ですが、基幹業務アプリを実行する場合はStandardプランやPremiumプランの検討がおすすめです。

なお、Windows 365 Businessはいずれのプランもユーザー数は300人までとなっており、ユーザーが300人を超える場合はWindows 365 Enterpriseにすると、ユーザー数は無制限で利用できます。注意点としては、1ユーザーごとに月額料金が課金されるので、ユーザー数が多くなるほど月額料金は高額になることが挙げられるでしょう。

Windows 365 Enterprise

Windows 365 Enterpriseのプランと価格は、プランとしてBasic・Standard・Premiumの3種類があり、Windows 365 Businessと同じく価格は異なります。プランと価格の概要は以下の通りです。

プラン名 Basic Standard Premium
価格(1ユーザー当たり) 月額4,210円(税抜) 月額5,570円(税抜) 月額8,970円(税抜)
ユーザー数 無制限 無制限 無制限
vCPU(仮想CPU) 2vCPU 2vCPU 4vCPU
メモリ容量(RAM) 4GB 8GB 16GB
ストレージ容量 128GB 128GB 128GB
デスクトップ版
Officeアプリサポート
対応 対応 対応
デスクトップ版
Teamsサポート
チャットまたは音声通話で対応 対応 対応
Visual Studioサポート 非対応 非対応 対応

Windows 365 Enterpriseのプランの内容と価格はWindows 365 Businessとほぼ同じですが、ユーザー数が無制限であることが大きな違いです。ユーザー数が300人を超える場合でも、Windows 365 Enterpriseを選択するとユーザー数は無制限でクラウドPCサービスを使用できます。

1ユーザーあたりの価格もWindows 365 Businessと共通していますが、Windows 365 Businessは完全月額固定であるのに対し、Windows 365 Enterpriseはほぼ月額固定で、一部従量課金が必要です。

BusinessとEnterpriseどちらがおすすめ?

Windows 365の2つのプランであるBusiness・Enterpriseは、ユーザー数のリミットが異なります。Windows 365 Businessは中小企業、Windows 365 Enterpriseは大企業におすすめです。

Windows 365 Businessの特徴

Windows 365 Businessは使用可能なユーザー数を300人までとしており、従業員が300人以下の中小企業に向いているでしょう。社内にITに精通している社員がいなくても素早く比較的簡単に導入でき、Windows 365.comのサイトで購入するとすぐに展開して使用できます。また、ライセンスの前提条件はなく、Windows 10 Enterprise(Windows 11 Enterprise)のライセンスは不要です。

Windows 365 Businessは複雑な設定をすることなく、容易にリモートワークを導入したい中小企業に向いており、従業員は個人PCを使って自宅で業務ができるようになります。Windows 365 Businessは簡単に利用中止できるので、実験的にリモートワークを導入したい企業にも向いています。また、Windows 365 Businessは社内システムと接続ができないため、社内システムと完全に分離したデバイスを従業員に配布したいケースでも最適でしょう。

Windows 365 Enterpriseの特徴

Windows 365 Enterpriseはユーザー数のリミットがないため、従業員が300人以上の大企業に向いています。Windows 365 Businessのユーザー数は300人が上限なので、クラウドPCサービスを使用する従業員が300人以上の場合は、Windows 365 Enterpriseを選ぶとよいでしょう。

Windows 365 Enterpriseの価格はほぼ月額固定であるため、同じクラウドを用いた仮想デスクトップ環境のサービスであるAzure Virtual Desktop(AVD)と比べると、予算を立てやすいという点がメリットです。AVDの費用負担の高さが気になっている場合は、Windows 365 Enterpriseだと導入できる可能性が高まります。カスタマイズ性を重視しない使い方であれば、Windows 365 Enterpriseでも十分に目的を達せられるでしょう。

Google Workspace 事例
Google Workspace

まとめ

ここまで、Windows 365のプランと価格を紹介しました。プランと価格により、仕様が変わるため、それぞれのメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。そうすれば、自社にあったプランが見つかるでしょう。

また、リモートワークやビデオ会議を始めたい場合は、Google Workspaceという選択肢もあります。Windows 365を活用したいと考えているのであれば、Google Workspaceも選択肢に含めることもおすすめです。

Google Workspaceの7つの特徴

RELATED POST関連記事


RECENT POST「Google Workspace」の最新記事


Google Workspace

【Chromebook】第10回 多様な働き方を実現する Ericom AccessNowとは?

Google Workspace

Windows 10に最適なファイル共有環境は? OneDriveと Googleドライブ の使い分け

Google Workspace

Chromebook で Windows を使うために注意すべきポイント

Google Workspace

Windows 365 Businessとは?料金やメリット、AVDとの比較も

Windows 365のプラン・価格を紹介