<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Asana が実現する!社内タスクの見える化、効率化

 2020.01.27  ラクまるブログ編集部

チームや個人の生産性を高める手段として、タスク管理ツールが欠かせなくなっています。各人が1つ1つのタスクをつぶさに管理することは、優先順位を付けながら業務を進めることに繋がり、それだけで生産性は高まります。さらに、チーム全体でタスクを整理し、進捗情報を把握できれば互いに助け合う文化が生まれやすくなり、プロジェクトをより効率よく進めることができるでしょう。
本稿では、いくつかのタスク管理ツールを紹介した上で、Asana が実現する社内タスクの見える化と効率化について解説していきます。

主要なタスク管理ツール

Trello(トレロ)

カンバン方式を採用しており、無料でも使えることで人気があります。カンバン方式はタスクの全体量と、完了したタスク、未完のタスクを確認しやすく、全体の達成率を直感的に把握できるメリットがあります。さらに、TrelloではPower-Upsと呼ばれる機能で、さまざまな拡張機能を組み込めます。

・「参考サイト

Wrike(ライク)

個人でのタスク管理よりも、チームでのタスク管理に特化しています。料金は比較的高めですが、高機能を備えることでさまざまなニーズに対応します。タスク管理に加えて、プロジェクト管理を実施するためのガントチャートも利用可能です。タスクの優先順位を明確にすることで、プロジェクトの開始から完了まで管理できます。

・「参考サイト

Todoist(トゥードゥーイスト)

リスト型を採用したルーツであり、Google やAppleといった有名企業も導入しています。タスクの追加や移動などがとにかく簡単で、期日や繰り越しなどの設定もできます。サブタスク機能で段階を追った管理も可能になります。

・「参考サイト

Wunderlist(ワンダーリスト)

シンプルさを追求したツールなので、使いやすさを求める人に人気を集めています。タスクにハッシュタグを付けながら分類するのが特徴で、タスクを追加する際にハッシュタグを添えれば関連タスクを素早く呼び出すことができます。無料ですべての機能が使えるというのも人気の理由ですが、チームでの利用にはあまり適していません。

・「参考サイト

Gantter(ガンター)

さまざまな Google サービスと連携する、プロジェクト管理寄りのツールです。名称通り、ガントチャートでタスクを管理することが基本であり、タスク同士の関係性を設定し、カラー変更などのカスタマイズによって見やすいガントチャートを簡単に作れます。G Suite との親和性が高く、ツール上で作業しながらハングアウトでコミュニケーションを取ると言った連携が可能です。

G Suiteで実現するこれからの時代のコミュニーケション

・「参考サイト

Redmine(レッドマイン)

世界中で愛用されているオープンソース型のツールです。チームでのタスク管理ツールにて適しており、プログラムに関す知識があればプラグインを導入することでツールを自由にカスタマイズできます。

・「参考サイト

Jooto(ジョートー)

カンバン方式に加えて、ガントチャート形式でもタスクを表示できます。分単位で細かい期日を設定できるので、綿密な計画が必要なプロジェクトなどのタスク割り振りも可能です。タスクごとにチェックリストを作成でき、タスクの達成率を細かく管理できます。

・「参考サイト

JIRA

一般的なタスク管理とは少し異なり、カンバン方式に加えてリリースのバージョン管理やワークフローなど、ソフトウェア開発に特化し、コード管理やソフトウェアリリースに特化した機能が特長です。

・「参考サイト

Asanaがチームのタスク管理に向いている理由

いかがでしょうか?クラウドサービスがソフトウェア市場を対等するようになってから、タスク管理ツール市場は毎年堅調に業績を伸ばしています。今では、無数のプレイヤーが市場に存在し、それぞれに独自の機能やサービスを提供している状況です。ユーザーにとっては選択肢が豊富な分、「どのタスク管理ツールを使えばいいのか?」と迷ってしまうことが少なくありません。そこでおすすめしたいのが「 Asana (アサナ)」です。

 Asana はチームでのタスク管理に特化したツールで、個人のタスクを可視化することはもちろん、チームとしてどれくらいの進捗達成率なのか、優先度の高いタスクは何か、メンバーが今取り組んでいるタスクは何かといった、組織的なタスク管理に欠かせない機能を多数備えています。

Asana ご紹介資料

Asana と各種タスク管理ツールの比較

では、 Asana は他のタスク管理ツールに比べて、どのような利点があるのでしょうか?ここでは、比較的よく利用される3つのツールと Asana との特長の違いをご紹介します。

1. Wrikeとの比較

Wrikeはあからじめ定義された構造を使い、プロジェクトを管理していきます。それに対して Asana はチーム独自のニーズに最適な構造とレイアウトを使い、プロジェクトを計画できるのが利点です。 Asana はWrikeよりも柔軟性が高い点が特長と言えますそのため、

  • プロジェクトのセットアップからタスクの追跡まで、チームごとに最適な方法で行える
  • タスクを複数のプロジェクトに追加することで、タスクの重複を避けてチームの足並みをそろえる
  • 重要なデータに関するレポートを作成し、注力すべきポイントを明確にする
と言った利用に適しています。

2. Trelloとの比較

Trelloでは、カンバン方式を採用したボードでタスクを整理します。カンバン方式は視認性に優れたボードではありますが、To Doリストとしての利便性が高い反面、作業進捗の把握やタスク管理を包括的に管理するなど、チームプロジェクトの効率的な管理ではやや不便さがあります。

一方、Asana はリスト・ボード・カレンダー・タイムラインといった複数の方式でタスクを整理できます。仕事に応じて最適なタスクビューは異なるものなので、ユーザーごとにビューを切り替えて表示することで、より効率的なタスク管理を実現します。

3. Jiraとの比較

Jiraはエンジニアチームによる問題修正や、ソフトウェア開発をサポートすることを目的としてタスク管理ツールです。エンジニア領域では高い効率性を発揮しますが、その反面、ビジネスユーザや業務タスクの管理と言った部門のタスク管理や社内外の多様化するチームとのコラボレーションには柔軟性に欠けています。

それに対して、 Asana ならどのチームでも自分たちの仕事に適したビューでタスクを管理できる柔軟性があります。また、 Asana とJiraを連携すればビジネスチームとエンジニアチームのタスク管理がより効率的になり、チーム間のコラボレーションも促進されます。

Asana のタスクやJiraのチケットの更新がリアルタイムで同期されるため、全員が両方のツールに含まれるタスクの進捗状況を把握できます。

 [RELATED_POSTS]

タスク管理ツールにAsanaを検討しよう

いかがでしょうか? Asana は数あるタスク管理ツールの中でも、チーム管理に特化した利点が多く、世界中で多くの企業やチームに愛用されています。

現在のタスクは、ビジネスニーズから業務設計、システム開発まで連携したプロジェクトなども馬頭ら少なく、単純に業務のToDoを管理するだけでは不十分です。また、参加するメンバーも多くの分野に跨がることが多く、プロジェクトチームの設計に柔軟さも求められます。

すでに利用しているタスク管理ツールをうまく活用できていない方や、これからツールの選定や導入を検討されている方は、ぜひAsanaをご検討ください。

Google Cloud Japan パートナーアワード10年連続受賞している電算システムでは、 Asana を初め、様々なクラウドサービスを提供しています。G Suite との連携やネットワークストレージのセキュリティ対応など、豊富な製品ラインナップで、企業のプロジェクトを支援しています。

お気軽にご相談ください。

Asana ご紹介資料

LumApps 導入事例
Asana ご紹介資料

RELATED POST関連記事


RECENT POST「Asana」の最新記事


Asana が実現する!社内タスクの見える化、効率化
よくわかるGSuite無料セミナー