<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

今から使える!
Google スライド基礎から応用まで

 2021.07.07  ラクまるブログ編集部

Google のプレゼンテーションソフトでもある Google スライド。資料を作成したり、誰かに絵やグラフを入れて説明をするときに使いケースが多いと思います。できることとして(プレゼンテーション)マイクロソフトの PowerPoint(パワーポイント)とイメージする人も多いのではないでしょうか。一見同じことができるサービスではありますが、実際に使ってみると便利なポイントが沢山あります。
今回は基礎を含め、Google スライドの利用方法、新しい機能もどんどん増えてますので合わせてご紹介いたします。本記事を読んで、明日からスライドを使いこなしていきましょう。

【基礎編】Google スライドできること

記入実際に Google スライドで資料を作成する前に、特徴や別サービスとの違いを見てみましょう。

  • ソフトのインストールいらない
  • 複数人による同時編集
  • スプレッドシートのデータでグラフ作成
  • 資料のテーマを統一
  • 変更履歴をチェック
  • 会議をしながらのリアルタイム編集
  • AIによる自動レイアウト
  • 編集内容は自動保存、Google ドライブに保存される
  • オフラインで使用できる
  • Microsoft PowerPoint から Google スライドへの移行
  • WEBへの公開も可能
  • 資料ごとにコメントで確認、修正ができる
  • Box、Dropbox、Egnyte でGoogleスライド使用
  • 携帯からでも閲覧・編集できる

※各項目詳しく別ブログ記事にて今後展開予定

【実践編】Google スライドを使ってみよう

Google アカウントがあれば、どなたでもご利用できます。@gmail.com のプライベートアカウントでもほとんどの機能が使えますのでよければ Gmail 以外にもスライドデビューをしてみましょう。

1.最初にテンプレート(テーマ)を選ぶ

様々なテンプレートデザインがありますので、テーマに合ったデザインをお選びいただけたらと思います。全ての資料に統一感が出るため最初のテーマ選びは非常に重要です。

今から使える!Google スライド基礎から応用まで01

今から使える!Google スライド基礎から応用まで02

2.資料を作成する

テキスト入力、画像・動画・グラフ挿入等の基本的な機能は使えます。

今から使える!Google スライド基礎から応用まで03

資料作りって時間がかかって仕方がないと思います。もちろんテンプレートを作成して使い回しできる範囲もあると思います。重要な会議では、お客様別に提案書を作成しないといけない場面も多くあると思います。資料をきれいに整えたり、配置を気にしたりしてしまい必要以上に時間を要したりしている方に特にこの機能をおすすめです!

右下のデータ検索に注目です。こちらを押すと、資料の文字と画像を読み取りベストな配置や見栄えを提案してくれます。さまざまなパターンがありますので好きなパターンを選んで見やすくわかりやすい資料作りを行ってください。

今から使える!Google スライド基礎から応用まで04

今から使える!Google スライド基礎から応用まで05

3.資料を共有する,ダウンロードして渡す

資料が完成できたら、見て欲しい人に渡しますよね。渡し方を共有します。

資料を共有する

資料を作成できたら、確認してほしいチームメンバーや上司へ共有します。
右上の共有ボタンを押し、アドレスを入れます。
一人一人入れるのが面倒な方は、メーリングリストを入れ一気に共有することも可能です。
別の方法としては、リンク取得ボタンからオーナーと同じドメインに対して全員が閲覧・編集できる機能をオンにし、誰もがこのURLに接続したら編集するといった設定もできます。

今から使える!Google スライド基礎から応用まで06

資料をダウンロードする

作成したスライドは、「ファイル」→「ダウンロード」→パワーポイント形式にダウンロードすることが可能となっております。また、パワーポイントで作成したスライドも、Google スライドで編集は可能です。
※フォントの違いやグラフが少々異なることもありますが、私たちは業務で普通に使えております。

【応用編】Google スライドではこんなこともできる

ここまでご紹介してきて、実際にスライドを作成するにあたり、マイクロソフトのPowerPointと使い方はなんら変わりないですがここで「Google ならでは」なところを、ご紹介したいと思います。

データ探索

ドライブ内の資料や著作権に引っかからない写真や画像を検索し、スライドに貼り付けることができます。

過去の変更を復元

最終編集をクリックしていただくと、これまでに編集された履歴が表示され間違えてスライドを消してしまったときでもここから復元することができます。

今から使える!Google スライド基礎から応用まで07

スライドを共有・編集権限の変更

作成しているスライドを、社内の人に共有することができます。
共有することで、基礎編でお話した同時編集が可能になります。
スライドの作成したオーナーは、共有する人への編集権限をかけることができるので一緒に編集してほしい場合は編集者として共有してあげるといいでしょう。

プレゼンテーション中でのQ&A

スライドを使ってプレゼンテーションを行う時にQA機能を使えます。
社内勉強会やセミナー、お客様へのトレーニング等でQAを募集し、その場で気になることを解決することができます。

話す側

ユーザーツールから質問を受付をONにして質問の募集を開始します。

今から使える!Google スライド基礎から応用まで08

質問を投げる側

下記の表示されたプレゼンテーションの質問を投稿を押すと質問を投げられる画面が表示されます。こちらでは匿名で質問を投げることもできます。

今から使える!Google スライド基礎から応用まで09

今から使える!Google スライド基礎から応用まで10

アクティビティダッシュボード

誰がいつこの資料を確認した、何日にアクセスが多いなどを確認できます。共有したのに見てない人もこれでわかってしまいますね笑

今から使える!Google スライド基礎から応用まで11

Google Workspace 事例
Google Workspace

まとめ

今回は Google スライドの基礎から最近追加されたお勧めな機能をご紹介させていただきました。実際に使ったことない方は、ぜひお使いのプライベート Gmail アカウントで一度 Google スライドを使ってみていただきたいです。結構すごい!と感じる機能があるかと思います!どうしても使い慣れているパワーポイントを使いがちですが、皆様に使う上で困らないように機能別で詳しく解説していきますので引き続きブログをご覧いただけたら嬉しいです。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「Google Workspace」の最新記事


Google Workspace

2時間で Google Apps がわかる!ティータイムセミナー潜入レポート!

Google Workspace

【Chromebook】第12回 お客様からよく頂く質問「トップ3」

Google Workspace

仕事に関するファイルはすべてAsanaに Googleドライブとの連携で手間を削減

Google Workspace

Googleドライブをもっと活用! 新機能 Smart Canvas とは

今から使える! Google スライド基礎から応用まで