<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

G Suite for Educationとは?代表的な機能や導入のメリットを解説!

 2020.11.16  ラクまるブログ編集部

G Suite for Educationとは、Google が提供する教育で役立つツールのことです。しかし、具体的にどのようなツールがあるのか、どのようなかたちで教育に役立つのか、わからない部分もあるかと思います。

そこで今回は、G Suite for Education とは何なのか概要を解説したうえで、代表的な機能や実際に導入するメリットをわかりやすく紹介していきます。

G Suite for Educationとは

G Suite for Educationとは、授業プラットフォームである「Google Classroom」をはじめとした教育現場で役立つサービスの総称のことです。Google Classroom以外の一例としては以下が挙げられます。

  • 同時編集ファイル
  • データ保存機能
  • メール
  • ビデオ通話

ちなみに同時編集ファイルは、具体的には Google ドキュメントやスプレッドシートなどがあることで知られています。詳細やそれぞれのサービス・機能でできることについては後述していきます。

G Suite の特徴と他コミュニケーションツール比較
G Suiteで実現するこれからの時代のコミュニーケション

G Suite for Educationの機能一覧

G Suite for Educationには、どのような機能・サービスがあるのかを具体的に掘り下げてみましょう。

Google Classroom

Google Classroomは、G Suite for Education の代表的なサービスにあたります。クラスの管理に役立つ機能となっており、課題の作成から提出、採点、返却まですべてを1か所で完結させることが可能です。テストの作成、管理にも役立ちます。

Google Classroomは、Gmail、Google ドキュメント、Google カレンダーなどのツールとともにご利用いただけます。Google Classroom内ですべての教育のコミュニケーションを完結させられるため、教育現場における効率化には高い効果があります。メッセージ投稿機能を使えば、クラス内でのコミュニケーションも簡単・手軽に行うことが可能です。

Gmail (メール)

G Suite for Education の1つ「Gmail」は、全世界で利用されているフリーメールサービスです。前述の通り、Google Classroom と Gmail は合わせて利用することができるため、メール機能を使ってクラスのメンバーと安全にやり取りすることが可能となります。Education版の場合は、容量無制限で利用できるというメリットもあります。

 Google Classroom から特定の生徒に連絡を取りたいときは、画面から直接 Gmail を送信し連絡事項を伝えることも可能となっています。
また、セキュリティ管理は万全を期しており、送信・受信内容は、デフォルトで暗号化され

たHTTPS接続が使用されるため外部に漏れることはありません。公共のフリーWi-Fi使用時でも安心して使えます。

Google ドライブ

G Suite for Education の代表的な機能の1つに、「Googleドライブ」があります。オンラインストレージサービスの1つにあたり、いわゆるクラウドストレージとしてEducation版に限らず全世界のユーザーから親しまれているサービスです。

Google ドライブは、あらゆるデバイスからファイルにアクセスすることが可能となっているため、データの共有に非常に役立ちます。

また、ドライブ内で編集されたデータはリアルタイムでオンライン上に保存されるため、保存前のデータ消失の心配はありません。ちなみにGoogle ドライブに関しても、Education版は容量無制限で使用できるという強みがあります。

Google カレンダー

Google カレンダーも G Suite for Education の有名な機能の1つです。カレンダーでは通常授業や課外授業、イベント、クラブ活動といったスケジュール管理を手軽に共有することができます。

また、カレンダーを使用すれば、共有物の予約もカレンダーでスケジュールすることができます。

Google フォーム

Google フォームは、アンケートやテストを実施する際に役立つ機能です。

必要事項を簡単にドライブ上で作成することができるため、アンケートの回答を募集したいときや、アイデアを募りたいとき、簡単なテストを実施したいときに使用すると便利です。

Google Meet

G Suite for Education の機能の1つ「Google Meet」は、オンライン上で会話・授業ができるコミュニケーションツールです。

Google Meet を使用すれば、昨今の感染症対策としてのオンライン授業の手段として活用でき、有用性があります。また、ネットでの会話はリアルタイムなため、海外在住の教師が授業・セミナーを行うことも可能です。

G Suite for Education導入のメリット

オンラインでの教育環境を整えていきたいときには、G Suite for Educationはぜひ導入を考えたいサービスの1つと言えます。

ここからは、G Suite for Education を導入するメリットを具体的に整理していきます。

万全のセキュリティ

G Suite for Education にはセキュリティ管理が徹底されているというメリットがあります。以下のような対策が施されているため、カフェなどにあるフリーWi-Fiを使用していても安心して使用できます。

  • 重要なファイルのバックアップを自動で取ってくれる
  • 暗号化されたHTTPS接続を徹底
  • ハッキング対策にも対応

さらに、サーバーや機能自体に障害があったときのために、復旧サービスもしっかり組み込まれています。災害時にもファイルの消失を心配する必要がありません。

スケジュールやリアルタイムの情報共有

G Suite for Education を導入すれば、スケジュールやリアルタイムの情報共有が可能となります。

大事な情報が記載されたメール、重要なスケジュールをあらゆるデバイスで共有することができるため、アクセスする場所やデバイスが違っても安心できます。自宅にいなくても授業や学校の予定を把握することが可能です。

また、保存されているファイルはリアルタイムで同時編集が可能となっているため、複数人で同一のファイルを編集することで、複数のファイルを作成して共有する必要がなくなります。

シンプルで使い方も簡単

G Suite for Education はとてもシンプルで使い方も簡単です。操作方法はすぐに覚えられるうえに設定方法などもシンプルです。

さらに G Suite for Education を導入すれば学校運営に必要なサービス・機能がすべてそろっているため、必要なアプリケーションを複数用意する必要がなくなります。
さらにすべてのサービスが G Suite for Education として関連しているため共有しやすいのが大きなメリットです。

G Suite for Education ですべてが完結するため大幅な時間節約にもつながるでしょう。節約できた時間は、その分授業内容の改善や向上などに活かすことができます。

まとめ

G Suite for Education には、学校運営に役立つ便利な機能がそろっています。すべてのツールが関連しているため共有もしやすく、オンライン上での管理になるためどこにいてもファイルにアクセスしやすいというメリットがあります。

Google Classroomやメール、ドライブ、カレンダーなど、オンライン上で情報共有しておく際に役立つツールは非常に多いです。昨今は特にオンラインの環境を活かした教育の需要が高まっている時代です。G Suite for Education の導入を検討し、学校運営をより快適に行っていきましょう。

お問い合わせ

RELATED POST関連記事


RECENT POST「Google for education」の最新記事


G Suite for Educationとは?代表的な機能や導入のメリットを解説!
Google for Education