<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=445779107733115&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Google Workspace for Education の概要を知ろう

 2022.02.24  2022.08.08

GIGAスクール構想によって1人1台の情報端末と高速インターネット環境が整備されたのにあわせ、多くの学校に導入されたのが教育機関向けグループウェアであるGoogle Worksapce for Education  です。

Google が提供しているこのサービスを利用することで、さまざまなアプリを通じて教師と生徒がつながり、コミュニケーションを向上させ、効率的に授業や校務を進めることができます。

Google Workspace for Education の概要

Google Workspace for Education は Google が教育機関向けに提供しているグループウェアです。教師同士のコラボレーションを促進したり、教師と生徒のコミュニケーションの充実を図ったり、教師の指導を効率化できるツールが、安全なプラットフォーム上で提供されています。

クラウドで提供されているため、いつでも・どこでも・どの端末からでも利用でき、平時はもちろんオンラインでの学習にも使えるソリューションです。

共同性に優れていることも特徴の一つで、あるファイルを他のメンバーと共有するのもボタン一つで簡単にでき、わざわざメールを送ったりする手間も要りません。コメント機能を利用して意見を提案したり、助言をもらったりすることもできます。

また、共同編集もまた便利な機能として各アプリに搭載されていて、チームのメンバーで同時にファイルを操作したり、一つのプレゼンテーションを協働でつくりあげたりといったことも手軽に実現できます。

さらに、アプリ間の連携が優れているため、提供されているさまざまなアプリをストレスなく横断しながら、効率よく作業を進めることができます。

チームやグループでの仕事や学習に最適なソリューションとして、幼稚園から小学校、中学校、高校、大学まで、幅広い教育機関で利用されています。

 
 

はじめてのオンライン授業 Google Meet でつながろう vol.1

はじめてのオンライン授業 Google Meet でつながろう vol.1

新型コロナウイルスの感染拡大により、授業のオンライン化を図る学校も増えていると思いますが、授業の全てをオンライン化するのは教師の負荷が大きいかと思います。
授業のオンライン化をスモールステップで進めるための考え方やポイントをご紹介します。

資料ダウンロード

Google Workspace for Education で利用できるアプリ群

Google Workspace for Education で利用できるアプリはさまざまありますが、代表的なアプリを主な機能とともにご紹介します。

Google ドライブ

Google ドライブは Google が提供するクラウドストレージです。パソコン、タブレット、スマートフォンなどデバイスを問わずアクセスすることができ、ファイルやフォルダを保存したり、共有したり、共同編集することができます。ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどのアプリとシームレスに連携するので、チームでリアルタイムの共同編集を効果的に行えます。

Google ドキュメント

テキスト文書の作成や編集をブラウザ上で行えるアプリです。チームメンバーと1つのドキュメントを同時に編集できます。また、共同編集者が入力する編集内容を確認したり、組み込みのチャット機能でやり取りしたり、コメントを付けて質問したりできます。なおドキュメントに加えられた変更を確認して元に戻すことができます。

Google スプレッドシート

カラフルなチャートやグラフでデータを自在に表現できるほか、組み込みの数式、ピボット テーブル、条件付き書式設定のオプションを使って情報を整理でき、データからのインサイトを得ることができます。プロジェクトに共同編集者を追加したり、自分が見ていない間にあった変更の通知を受け取ったりすることが可能です。

Google スライド

Google スライドを使えば、さまざまなプレゼンテーション用テーマ、多数のフォント、埋め込み動画やアニメーションを利用することで、アイデアをわかりやすく表現できます。ゼロから作成することも、テンプレートを使って効率化を図ることもできます。他のユーザーとの共同作業もスムーズに行うことができます。

Gmail

Gmail は世界中で利用されているフリーメールです。迷惑メールやフィッシングなどをブロックしてくれるので、安心して使うことができます。Google Chat や Google Meet などの機能をGmailから利用できるので、いつでもコミュニケーションを円滑に取ることができます。

Google カレンダー

Google カレンダーを使えば、メンバーと共有可能なカレンダーを使って予定を把握でき、これまでスケジュール作成に費やしていた時間を削減し、実際の作業に当てることができます。Gmail やドライブ、Meet ともシームレスに連携するのも便利です。

Google Meet

Google が開発したビデオ通話アプリが Google Meet です。離れていても、シンプルな操作でつながることができるので、オンライン授業やオンライン会議を手軽に実現できます。授業や会議を活性化するブレイクアウトセッションやアンケート、Q&Aといった機能も豊富に用意されています。(一部は有償版ライセンスのみで提供されています)

Google Classroom

Google Classroom は一つのプラットフォーム上で教師が課題を作成・配付し、回収し、採点

・フィードバックを行うことができます。これまでのワークフローをそのままオンラインに移行できる点が使いやすさの秘訣になっています。

Google Workspace for Education を導入するメリット

このように、いろいろなことができるアプリが多数搭載されているので、Google Workspace for Education さえあれば、他のツールが必要なくなるぐらいの存在感があります。

実際、Google Workspace for Education を導入したことで、他のツールを使わなくなり、結果的にツールは Google に一本化したという話はよく耳にします。

それぐらいユーザーにとって使い勝手がよく、各アプリが直感的な操作で動かすことができることも大きいと思います。また、セキュリティ面で万全の対策が取られていることも安心して活用できる点で、サーバーや機能自体に障害があったときのために、復旧サービスもしっかり組み込まれているほか、災害時にもファイルの消失を心配する必要がありません。

Google for Education
Google for Education

まとめ

今回は、教育機関向けグループウェアである Google Workspace for Education の概要をご紹介しました。

さまざまなアプリが用意されているので、目的に応じて使い分けることで、より効果的に授業や校務を進めることができます。

電算システムでは、 Google for Education のソリューションを中心に学校現場におけるDXを支援しています。学校現場における豊富な導入実績を誇る弊社ならではのご提案も可能です。Google Classroom はもちろん、Chromebook や Google Workspace for Education などの導入や活用についてお困りごとなどございましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

■DSK Education Seminar
https://www.dsk-cloud.com/seminar/topic/google-for-education

■DSK Education YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCFRLP_UQtdfsAdusWBLMacA

■DSK Education Facebook
https://www.facebook.com/dskeducation/

 

お問い合わせ

RELATED POST関連記事


RECENT POST「Google for Education」の最新記事


Google for Education

Classroom が多くの教師を魅了する理由!

Google for Education

リブランドされて生まれ変わった 「 Google Workspace for Education 」

Google for Education

学校でのICT活用の必携アイテムをご紹介

Google for Education

世界で8,000万人が使っている Google for Education とは?

Google Workspace for Education の概要を知ろう